各部位で異なるボトックス注射の費用相場をチェック

薬の服用には注意が必要

品川整形鼻

注意したいポイント

ボトックス注射はプチ整形の1つで患者さんへの負担が少ないことから、品川の美容外科クリニックの多くで施術を受けられます。また、ボトックス注射を受ける際に何かしらの薬を服用している場合は、必ず医師に薬を飲んでいることを報告するようにしましょう。例えば、テトラサイクリン抗生物質やリンコマイシン系抗生物質など、感染症の治療に用いられる抗生物質はボトックス品川と併用することはNGです。抗生物質以外にもジアゼパム・エチゾラムといった抗不安薬、抗痙縮剤に抗コリン剤も服用している場合、ボトックス注射を受けることはできません。このような薬は医療機関で処方されるものですが、ボトックス品川にはドラッグストアで販売されている市販の医薬品でも、注意しなければいけないものがあります。風邪薬や鎮痛剤などに多く含まれているアスピリンやイブプロフェンは、ボトックス注射の2週間以内に服用するとあざができやすくなるようです。さらに、薬だけでなくビタミンEにイチョウ葉エキス、魚のオイル由来の成分を配合したサプリメントも、あざができやすくなる原因になると言われています。薬以外にサプリメントにも気を付けたいものがあるので、薬やサプリメントを服用している人は前もって医師に相談すると良いでしょう。

メスを使わないプチ整形はメスを使う美容整形より、ハードルが低いことから品川の美容外科クリニックでも多くの患者さんが希望しています。ボトックス品川は美容整形としては価格もリーズナブルで、美容整形初心者の人でもチャレンジしやすいことも、人気となっている理由の1つです。ボツリヌス製剤という薬剤を注射器を使い注入する施術を行うのですが、ボトックス品川ではいくつかの麻酔方法が用いられています。ボトックス品川を行う際、一般的なのが局所麻酔で美容外科クリニックによっては、局所麻酔とボツリヌス製剤を一緒に注入することもあるようです。局所麻酔をすることで注入時の痛みを抑えることはできますが、局所麻酔をする時の痛みを少しでも和らげたいという場合、事前に麻酔テープや麻酔クリームを併用してくれるクリニックを選ぶと良いでしょう。さらに痛みへの恐怖心があまりにも強いという場合は、リラックス麻酔や笑気麻酔という方法で麻酔をするケースもあります。リラックス麻酔は緊張状態にある体をリラックスさせる麻酔、笑気ガスはリラックス作用のあるガスを吸入し痛みを軽減します。このような麻酔方法も併用している美容外科クリニックであれば、ボトックス注射への不安が大きい人も安心して施術を受けることが可能です。